民事信託

Civil Trust民事信託

民事信託について

  1. 認知症対策として
     認知症を発症してしまうと、不動産の活用、売買などが行えなくなってしまいます。
     介護施設に入る前に自宅についての方針を決めておくなど、認知症対策の一環として民事信託を活用するケースも増えてきています。
  2. 複雑化している家族関係について
     離婚、再婚をしているご家族、お子様がいらっしゃらないご夫婦などは、相続が複雑になる可能性が高くなります。その際にも民事信託は有効です。
  3. 明瞭な見積り
     何を信託するかによって、信託費用は大きく異なります。
     明瞭な見積りをご提示した上で、業務を進めてまいります。



費用について

評価額 報酬額
~5,000万円 30万円
5,000万~1億円 50万円
1億~3億円 70万円
3億~5億円 90万円
5億円~ 別途お見積り

※公証役場での手数料、登記費用等は別途かかります。


相続税シミュレーション
お問い合わせ